タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

セオドア・スース・ガイゼル賞とは?―ガイゼル賞受賞作品のご紹介とともに

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

今日から3月。少しずつ春の気配も感じられるようになってきましたね。

 

 

はじめに

今回は、初級読者向けに書かれた、アメリカで刊行された絵本に対して授与される権威ある文学賞の1つ、セオドア・スース・ガイゼル賞(Theodor Seuss Geisel Award)についてご紹介させていただきます。以前ご紹介したコールデコット賞や、コレッタ・スコットキング賞作品よりも、初級読者向けに書かれた本に贈られる賞です。

英語の多読を始めたばかりの方に適したレベルの本が多いです。

 

セオドア・スース・ガイゼル賞(ガイゼル賞)とは?

今回、特に参考にさせていただいたのは、以下のWikipediaの情報です。

en.wikipedia.org

 

このページの説明によると、ガイゼル賞について、以下のように説明されています。

  • The Theodor Seuss Geisel Award is a literary award by the American Library Association (ALA) that annually recognizes the "author(s) and illustrator(s) of the most distinguished book for beginning readers published in English in the United States during the preceding year."[1] 

  • The award is named for Theodor Geisel, also known as Dr. Seuss, who once said, "Children want the same things we want: to laugh, to be challenged, to be entertained and delighted."[2] It was established in 2004 and inaugurated in 2006 for 2005 publications.[2]

    A few runners up are termed Theodor Seuss Geisel Honor Books; their authors and illustrators receive certificates.

 

つまり、前年度に米国で出版された英語による初級読者向けの本の中で最も優れた著者とイラストレーター」を表彰する文学賞とのことです。

そして、あの有名なDr Seuss(スース博士)にちなんだ賞で、2006年から、2005年の出版物に対して表彰が始まったとのことです。

 

これまでご紹介した、コールデコット賞ケイト・グリーナウェイ賞、コレッタ・スコット・キング賞と比較して、かなり最近始まったばかりの賞ということですね。

 

また、年間で1冊にガイゼル賞が授与されて、数冊が次点であるオナー賞を授与されるというのは、コールデコット賞や、コレッタ・スコット・キング賞と同じですね。

 

このガイゼル受賞作品には、下のメダルが記されます。絵本を選ぶ時の「お墨付き」の参考になりますね。オナー賞の場合は、銀色となります。

 

f:id:erelc:20220227143614p:plain

ガイゼル賞

 

このブログでのガイゼル賞作品の紹介

このブログでは、以下のガイゼル賞、ガイゼル・オナー賞の受賞作品のご紹介もしています。

ご関心があれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

2008年 There Is a Bird on Your Head!

erelc.hatenablog.com

2014年 The Watermelon Seed

erelc.hatenablog.com

2015年 You Are (Not) Small

erelc.hatenablog.com

2016年 Don't Throw It to Mo!

erelc.hatenablog.com

2017年 We Are Growing!

erelc.hatenablog.com

2021年 See the Cat: Three Stories About a Dog

erelc.hatenablog.com

 

このブログでのガイゼル・オナー賞作品の紹介

2007年 Move Over, Rover!

erelc.hatenablog.com

2007年 Not a Box

erelc.hatenablog.com

2008年 First the Egg

erelc.hatenablog.com

2009年 Chicken Said, "Cluck!"

erelc.hatenablog.com

2010年 I Spy Fly Guy!

erelc.hatenablog.com

2011年 We Are in a Book!

erelc.hatenablog.com

2012年 I Want My Hat Back

erelc.hatenablog.com

2012年 See Me Run

erelc.hatenablog.com

2013年 Let's Go for a Drive!

erelc.hatenablog.com

2014年 Ball

erelc.hatenablog.com

2015年 Waiting Is Not Easy!

erelc.hatenablog.com

2016年 Waiting

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

2019年 Tiger vs. Nightmare

erelc.hatenablog.com

2020年 Flubby Is Not a Good Pet!

erelc.hatenablog.com

2021年 What About Worms!?

erelc.hatenablog.com

 

最後に

このブログでは、セオドア・スース・ガイゼル賞以外でも、児童文学や絵本に授与される賞についてご紹介した記事があります。

 

アメリにおいて、絵本に授与される権威のある賞と評されるコールデコット賞と、受賞作品について説明させていただきました。

erelc.hatenablog.com

 

そして、イギリスで出版された絵本に授与される名誉ある賞である、ケイト・グリーナウェイ賞については、以下の記事で、受賞作品とともにご紹介させていただきました。

erelc.hatenablog.com

 

また、アフリカ系アメリカ人の経験を反映した、アフリカ系アメリカ人による本に対して授与されるコレッタ・スコット・キング賞については、以下の記事で、受賞作品とともにご紹介させていただきました。

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ