タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

「外国語習得により重要なのはインプット?アウトプット?」に持論を述べたKrashen (1998)の論文のご紹介

こんにちは。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、「外国語習得により重要なのはインプット?アウトプット?」に持論を述べた論文、Krashen (1998)をご紹介したいと思います。

 

 

論文のデータ

今回ご紹介するのは、以下の論文です。350編以上の論文などで引用されています。

Krashen, S. (1998). Comprehensible output? System, 26, 175-182.  

https://doi.org/10.1016/S0346-251X(98)00002-5

 

論文の内容のご紹介

この論文の著者のKrashen先生は、意味がわかるインプット(comprehensible input)が、言語習得に何よりも重要だと述べて、インプット仮説(Input Hypothesis)を提唱した著名な研究者です。つまり、英語学習の文脈でいえば、意味がわかる英語をたくさん読んだり、聞いたりすることが習得の条件であるということです。

 

一方、カナダのイマージョン教育を受けて、たくさんのインプットを受けても、外国語の習得があまり進んでいない事例から、アウトプットの重要性を述べ、アウトプット仮説(Output Hypothesis)を提唱したSwain先生という方もおられます。つまり、書いたり、話したりすることが重要だということです。

 

この論文は、なぜインプットがアウトプットよりも重要なのかを、いくつかの先行研究を紹介しながら論じたものです。

 

この論文の結論としては、以下のように、インプットの方がアウトプットよりも言語習得に重要な理由が述べられています。

  • The CO [Comprehensible Output] hypothesis has numerous difficulties: 
    output and especially CO is too scarce to make a real contribution to linguistic competence; 
    high levels of linguistic competence are possible without output
    • there is no direct evidence that CO leads to language acquisition
    In addition, there is some evidence that suggests that students do not enjoy being "pushed" to speak.    (p. 180)

つまり、アウトプットできる場というのは非常に限られていて言語能力向上につながりにくいこと、アウトプットなしでも高いレベルの言語習得が可能であること、アウトプットをすることが言語習得につながることを示した直接的な証拠はまだないこと、がインプットの方が重要である理由として述べられています

さらに、無理に話させるような場を生徒は楽しめないだろう、と述べています。

 

確かに、インプットの方が計画的にしやすいし、インプットでも相当な言語能力は身につきそうですが、アウトプットも個人的には重要な気がしますが、みなさんは、このKrashen先生の主張についてどう思われますか?

 

最後に

今回の著者のStephen Krashen先生の論文については、これまでいくつか紹介した記事もありますので、以下に再掲させていただきます。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

ここで紹介した以上のことが知りたい場合には、ぜひ、論文を読んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

インプット中心の指導の方が、精読指導よりも語彙と文法の習得に効果的であったことを報告した論文、Rodrigo, Krashen, & Gribbons (2004)のご紹介

こんにちは。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、インプット中心の指導の方が、精読指導よりも語彙と文法の習得に効果的であったことを報告した論文、Rodrigo, Krashen, & Gribbons (2004)をご紹介したいと思います。

 

 

論文のデータ

今回ご紹介するのは、以下の論文です。150編程度の論文などで引用されています。

Rodrigo, V., Krashen, S., & Gribbons, B. (2004). The effectiveness of two comprehensible-input approaches to foreign language instruction at the intermediate level. System, 32, 53-60.  

https://doi.org/10.1016/j.system.2003.08.003

 

論文の内容のご紹介

この研究の参加者は、アメリカの大学でスペイン語を外国語として学習する大学生です。全員が英語の母語話者で、初級スペイン語のコースを3学期間学習した、スペイン語の中級学習者です。

 

この研究では、以下の3つのグループに分け、異なる指導方法を採りました。いずれも指導期間は1学期間(15週間)です。

  1. Reading Group(14名): 自分で選書した本や、教師から与えられた本を読んだ。明示的な文法や語彙指導は行わなかった。指導者は、この論文の筆者。
  2. Reading-Discussion Group(12名): 教師から与えられた本(Reading Groupと同じ本)を読み、その本に基づいてディベートやディスカッションも行った。明示的な文法や語彙指導は行わなかった。指導者は、この論文の筆者。
  3. Traditional Grammar and Composition Group(14名): 精読を行う。明示的な語彙、文法指導を行ったスペイン語で書いたものに対しては、正確さを求めた誤り訂正を行った。指導者は、スペイン文学を専攻する大学院生。

 

つまり、最初の2グループは、インプット重視型の指導で、最後のグループは伝統的な精読、文法重視型の指導ということになります。

この指導の差を、語彙チェックリストテスト(300語は本物のスペイン語、100語は偽物のスペイン語から成るリストを使ったテスト)、スペインの教育科学省から刊行されている30問の選択式の文法テストスペイン語の文章を使ったクローズテスト3種類を行って、成果を検証しました

 

その結果は、語彙テストと文法テストにおいて、Traditional Grammar and Composition Groupよりも、Reading Groupや、Reading-Discussion Groupの方が有意に高い成績となったことを受けて、以下のように結論づけています。

 

  • Just reading for pleasure was shown to be at least as effective, or more effective, than traditional instruction. Had this program continued longer, it might have done evenbetter: Krashen (2002) has concluded that short term free reading programs (lessthan one academic year) are typically not as effective as longer term programs.  (p. 59)
  • The results thus provide support for the efficacy of comprehensible-input based approaches, confirm that vocabulary and grammar can be acquired via comprehensible input, and are consistent with a three-stage approach to increasing reading proficiency.  (p. 59)

つまり、楽しみのために読むことは、伝統的な指導よりと少なくとも同じくらい効果的、あるいはもっと効果的であり、理解可能な言語インプットを与えるアプローチで、語彙や文法は習得できる、と述べています。そして、その効果は、多読を1年以上長期間続けることでさらに高まるだろう、と述べています。

 

最後に

この研究では、以下のことが限界点として認められています。

  • 参加者が少ないこと
  • 3グループ間で指導者が異なること

 

今回は、インプット中心の指導の方が、精読指導よりも語彙と文法の習得に効果的であったことを報告した論文、Rodrigo, Krashen, & Gribbons (2004)をご紹介させていただきました。

やっぱり、読むことは言語習得のために重要なのですね。

 

ちなみに、今回の著者のおひとりのStephen Krashen先生の論文をいくつか紹介した記事もありますので、以下に再掲させていただきます。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

ここで紹介した以上のことが知りたい場合には、ぜひ、論文を読んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

禅のこころをえがいた、コールデコットオナー賞受賞作『Zen Shorts』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、禅のこころをえがいた、コールデコットオナー賞を受賞した絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Jon J. Muthさんが文とイラストを手掛け、2006年のコールデコットオナー賞を受賞した絵本Zen Shorts』です。

YL 2.0~2.4程度 語数は1,183語です。

 

本の内容のご紹介

ある日、小さな男の子Karlは窓の外に何かを見つけます。急いで、お兄ちゃんのMichaelを呼び寄せてみると、そこには、赤い傘を持ったパンダが座っていたのでした。

家の外に出てみると、すでにお姉ちゃんのAddyも、そのパンダのそばにいました。

 

このように、不思議なパンダとの出会いを果たした3人の子どもたちでしたが、これから、3人は、パンダからお話を聞くことで、禅のこころを知ってゆく、というお話になっています

 

まず最初にパンダからお話を聞いたのは、AddyAddyは、"Uncle Ry and the Moon"というお話を聞き、人に与えるこころを知ることになります。

 

次の日にはMichaelがパンダのもとを訪れ、"The Farmer's Luck"というお話を聞き、ものごとの流れについて知ることになります。

 

そして次の日にはKarlがパンダのもとを訪れ、"A Heavy Load"というお話を聞き、ものごとに執着することの愚かさを知ります。

 

具体的なお話は、ぜひ、この絵本を読んでチェックしてみてくださいね!

どれも、心にしっくりくるお話になっています。

日本人にはなじみのある禅のこころを、英語の絵本を通して読んでみるのもいいですね

 

最後に

ちなみに、この本には『パンダのシズカくん 』の邦題で和訳版も出版されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

ちなみに、このブログでは、他にもコールデコット賞作品を紹介した記事があります。もしご関心がありましたら、合わせてチェックしてみてくださいね♪

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

英語を読むことがスペルの習得にも効果的であることを指摘した論文、Polak & Krashen (1988)のご紹介

こんにちは。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、英語を読むことが、スペルの習得にも効果的であることを指摘した論文、Polak & Krashen (1988)をご紹介したいと思います。

 

 

論文のデータ

今回ご紹介するのは、以下の論文です。70編以上の論文などで引用されています。

Polak, J., & Krashen, S. (1988). Do we need to teach spelling? The relationship between spelling and voluntary reading among community college ESL students. TESOL Quarterly, 22, 141-146.

https://www.jstor.org/stable/3587067

 

 

論文の内容のご紹介

この研究の参加者は、Los AngelesのValley Collegeというコミュニティカレッジで英語を学ぶ中級レベルの大学生です。

この研究では、以下の3つの研究を、それぞれの目的に応じて行いました。

  • 研究1:30名の参加者。自主的な読書習慣とスペルの習得状況を調査する研究。
  • 研究2:15名の参加者。研究1と同じ研究目的を、研究1とは異なる語を使って調査する研究。
  • 研究3:研究1,研究2の参加者を含む78名の参加者。学習者の母語によるスペル習得への影響があるかを調査する研究。

 

この3つの研究とも、以下の手順で行いました。

  1. 85~103語の分量の英語を2回聞き、そのまま書き取るディクテーションテスト
  2. 自主的に読書をどの程度行っているかに関するアンケートの実施

 

そして、ディクテーションテストにおいて、スペルの誤りのあった語数と、自主的な読書習慣や、母語との関係を、回帰分析を使って調査しました。

 

この研究の主な結果については、以下にまとめられています。

  • In all three studies a significant negative correlation was found between questionnaire results and spelling errors: Those who reported more free reading tended to make fewer errors.  (p. 142)
  • No difference was found in spelling performance between speakers of languages with Roman alphabets and speakers of languages with non-Roman alphabets (r = -.097, n.s.).  (p. 142)

つまり、自主的に読書をたくさんする人の方がスペルの誤りが有意に少なかった、ということと、母語がローマ字を使う文字体系と、使わない文字体系の間で、スペルのミスの違いはなかった、ということです。

 

そして、この結果をもとに、以下のようにまとめています。

  • Our results suggest that voluntary reading will help spelling and lead to what is at worst a harmless implication: Students should be encouraged to do pleasure reading on their own.   (p. 145) 

つまり、生徒はスペルを身につけるためにも、楽しく読書をすべきだと主張しています。

 

最後に

このブログでは、これまで多読による読解力向上や、語彙力向上や、読解スピードの向上について、論文を紹介させていただいてきましたが、今回は、多読がスペルの習得にも有効だとする論文、Polak & Krashen (1988)を紹介させていただきました。

 

読むことは、言語能力の様々な側面に有効に働くのですね。

 

ちなみに、今回の著者のおひとりのStephen Krashen先生の論文をいくつか紹介した記事もありますので、以下に再掲させていただきます。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

ここで紹介した以上のことが知りたい場合には、ぜひ、論文を読んでみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ