タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

アメリカの公民権運動を進めたRosa Parksさんを、力強く、情感豊かに描き出したコールデコットオナー賞作品『Rosa』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、アメリカの公民権運動を進めたRosa Parksさんを、力強く、情感豊かに描き出した絵本をご紹介したいと思います。2006年にコールデコットオナー賞と、コレッタ・スコット・キング賞(イラストレーター部門)を受賞した名作です。

 

 

本について

今回ご紹介するのは、Nikki Giovanniさんが文を、Bryan Collierさんがイラストを手掛けた絵本、『Rosa 』です。表紙に銀メダルが輝いているように、2006年にコールデコットオナー賞(その年の絵本の優秀賞)を受賞した絵本です。同時に、2006年のコレッタ・スコット・キング賞(イラストレーター部門)も受賞したすごい作品です。

 

YL 2.5~3.0程度、語数は1,599語   Lexile: 800Lの本です。

 

本の内容のご紹介

アメリ公民権運動のきっかけを作り、「公民権運動の母」とも称されるRosa Parksさんが逮捕された日と、その後の公民権運動の様子を、力強く、情感豊かに描いた絵本です。

 

アメリカ南部の各州には、人種分離法が施行されていた1955年12月のこと。

いつも熱心に仕立の仕事をしていたRosaさんは、クリスマスの足音が感じられる12月になったこの日、上司から早めに帰ることを勧められました。


いつも遅くまで働く夫に美味しいものを食べさせてあげたい、と幸せな思いを抱きながら、Rosaさんは、いつも通り、バスに乗り込んみました

 

そして、「あの事件」が起こってしまいます…。

 

バスの中間席に座っていたRosaさんに向かって、運転手が乗車してきた白人に席を譲るよう注意を促したのですが、Rosaさんの返答はNo。

そして、やってきた警察官に逮捕されるという、あの事件です。

そして、この後の公民権運動を力強く進めるきっかけにもなった、あの出来事です。

 

この絵本では、この後の公民権運動の力強さが実に豊かに描かれています。
その文書も、またコラージュを使ったイラストも素晴らしいです!


コロナ禍となり、排他的な雰囲気も高まりつつある今だからこそ、改めて読み返したい

絵本ですね。

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

最後に

この本には、『ローザ』の邦題で、和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

ローザ

ローザ

Amazon

 

また、このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

深く結びつく母と娘への讃美歌のようなコールデコットオナー賞作品『Me & Mama』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、深く心で結びつく母と娘への讃美歌のような美しい作品をご紹介したいと思います。2021年にコールデコットオナー賞を受賞した名作です。

 

 

本について

今回ご紹介するのは、ニューヨークに住まわれているCozbi A. Cabreraさんが文とイラストを手掛けた絵本、『Me & Mama』です。2021年にコールデコットオナー賞(その年の絵本の優秀賞)を受賞した絵本です。表紙には、銀メダルが輝いていますね。また、2021年コレッタ・スコット・キング賞オナー賞(イラストレーター部門)も受賞しています。

 

YL 1.2~1.6程度、語数は639語   Lexile: AD470Lの本です。

Me & Mama (English Edition)

Me & Mama (English Edition)

  • 作者:Cabrera, Cozbi A.
  • Denene Millner Books/Simon & Schuster Books for Young Readers
Amazon

 

本の内容のご紹介

表紙にお母さんと娘が仲よく並び、目を隠しています

ちなみに、裏表紙ではお母さんと娘が手を広げて顔を見せていますので、「いないいないばあ!」をしているのでしょうか。

 

この絵本は、娘の一人称で綴られています。

最初のページの一節にある、"I want to be everywhere Mama is."が全てを表しているように、お母さんへの愛が溢れながら、お母さんと娘の一日を描いた絵本です

 

まだお父さんも妹も寝ている朝。

娘はお母さんがいる1階に下りてきます。だって、お母さんといつも一緒にいたいから

 

お母さんのコップはお花が描かれた割れるコップ。私のコップは取っ手が2つついた、割れない赤色のコップ。

お母さんの歯ブラシは赤色で大きい。私のは紫で小さい。

 

シャワーを浴びて、髪をとかして、ヘアクリップをつけて。

長靴を履いて、お外に出かけます…。

 

描かれているのは、母と娘の「よくある一日」です。

でも、娘が母を想い、母が娘を想う気持ちが、パステル絵具で描かれた力強いイラストによって、情感豊かに伝わってきます。

詩的な英文は美しく、深く心で結びつく母と娘への讃美歌のようです。

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

最後に

今回は2021年にコールデコットオナー賞に輝いた作品を紹介させていただきました。2022年になった今年、またどんな絵本に出会えるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

"narrow listening"のやり方と効果を論じた論文、Krashen (1996)のご紹介

こんにちは。

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、多聴と関連する"narrow listening"に関する論文をご紹介したいと思います。"narrow listening"とは、同じトピック、あるいは同じ著者による英文に限定して聞くことを指します。

つまり、「英語学習」や、「私の家族」など、特定のトピックを決めて、そのトピックに関連した本や英文を聞くことをいいます。

今回ご紹介するのは、narrow listeningのやり方と効果を論じた論文、Krashen (1996)です。

 

 

論文のデータ

今回ご紹介するのは、以下の論文です。すでに470編以上の論文などに引用されている、非常に重要な論文です。

Krashen, S. (1996). The case for narrow listening. System, 24(1), 97-100. 

 

論文の内容のご紹介

この論文では、narrow listeningのやり方と効果を論じています。

まず、やり方については、Abstractに簡潔にまとめられています。

  • In narrow listening, acquirers collect several brief tape-recordings of proficient speakers discussing a topic selected by the acquirer. Acquirers then listen to the tape as many times as they like, at their leisure. Repeated listening, interest in the topic, and familiar context help make the input comprehensible. Topics are gradually changed, which allows the acquirer to expand his or her
    competence comfortably. Narrow listening is a low-tech, inexpensive, and pleasant way to obtain comprehensible input, and is also an easy way to get
    to know speakers of other languages.  (p. 97)

つまり、narrow listeningとは、学習者が自分に関心のあるトピックについて、その言語を上手に話す方に話してもらったテープを楽しく、繰り返し聞く方法だと述べられています。

このようにすることで、ローテクで、安価で、楽しく、理解可能な言語インプットが得られる、と意義を述べています。

 

この論文では、次々に異なるトピックを聞くこと(教科書を使ったリスニングはそうですよね)の欠点について、以下のように述べています。

  • beginning language classes tend to move from topic to topic fairly quickly, which does not allow students to take advantage of their background knowledge in aiding comprehension. In addition, students will probably not be interested in every topic covered in class.  (p. 97)

つまり、トピックが次々に違ってしまうと、背景知識を利用したリスニング理解ができず、学習者にとってすべてのトピックについて関心があるわけではない、ということが欠点と述べています。

 

そして、このnarrow listeningを授業で実際に導入する方法として、具体的に以下の提案が書かれています

  • Narrow listening can also be used in the classroom. One possible assignment is to ask each student to obtain three short recordings on a topic the class, or subgroup of the class, agrees upon.  (p. 99)

つまり、クラスやグループで同意したトピックに関して、各生徒が3つの録音テープを持ち寄って、みんなで聞く、という方法です。

 

今ではあれば、インターネットを利用して、もっと簡単にnarrow listeningができそうですよね。

 

最後に

今回は、narrow listeningのやり方や意義を論じた重要な論文、Krashen (1996)を紹介させていただきました。

もし詳細が気になれば、ぜひ、論文を読んでみてくださいね!

 

なお、このブログでは、多読に関連する研究論文の内容をご紹介したまとめ記事がありますので、よろしければ、参照用としてどうぞ。

erelc.hatenablog.com

 

また、今回の著者のStephen Krashen先生の論文については、これまでいくつか紹介した記事もありますので、以下に再掲させていただきます。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

Peter Mark Rogetの偉作である類義語辞典をトピックにしたノンフィクションのコールデコットオナー賞作品『The Right Word』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、イギリスの医師であり、辞書学者でもあったPeter Mark Rogetの偉作である類義語辞典(Thesaurus)をトピックにしたノンフィクションの絵本をご紹介させていただきます。2015年にコールデコットオナー賞を受賞した作品です。

 

 

本について

今回ご紹介するのは、Jen Bryantさんが文を、Melissa Sweetさんがイラストを手掛けた絵本、『The Right Word: Roget and His Thesaurus』です。

2015年にコールデコットオナー賞(その年の絵本の優秀賞)を受賞した絵本です。

 

YL 1.8~2.2程度、語数は1,227語   Lexile: 590Lの本です。

 

本の内容のご紹介

タイトルにもあるRogetとは、イギリスの医師であり、辞書学者でもあったPeter Mark Rogetさん(1779年―1869年)のこと。多くの分野で活躍された方ですが、一番、その名が知られているのが、1852年に初版が刊行された、Thesaurus of English Words and Phrasesだと思います。

 

Thesaurusとは、類義語辞典のこと。

国語学習をする際によく使う類義語辞典を作成した初期の重要な人物がPeter Mark Rogetさんです。

 

この本は、Rogetさんの生い立ちから、時系列で、類義語辞典の完成を本の中心テーマにしてまとめたものです。

 

小さい頃からことばに興味を持っていたRoget。

類義語辞典を作るきっかけとして、8歳の時から始めた英語とラテン語のリスト作りが紹介されています

 

それがことばへの敏感さを形成していきました。

例えば、”I'm fine."と言った際に、「"fine"はピッタリの単語じゃないな」などと感じるようになったことが紹介されています。

 

ことばへの関心、ことばへの敏感さを基に、リストをどんどん充実していき、それが偉大な辞書へつながったことを知ることができます。

 

この本を読んで感じたのは、「好きこそものの上手なれ」と、「継続は力なり」です

ことばが好きで、ことばを追及することを継続する中で、大作が生まれたことを知ることができます。

一方、Rogetはシャイだったようで、もし「シャイを克服しなきゃ」等と考えいたら、好きなことばへの追及を、ここまでできなかったように感じました。

 

コールデコットオナー賞を受賞したイラストは、類義語辞典を制作していく過程がよくわかるようなスクラップブックのような工夫いっぱいのものです。

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

この本以外でも、ノンフィクションの絵本をご紹介したことがあります。

ノンフィクションがお好きであれば、ぜひ、以下の記事もご参照くださると嬉しいです!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ