タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

リスさんの葉っぱを盗んだのは誰? 何とも可愛らしい絵本、『The Leaf Thief』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、何とも可愛らしいリスさんを描いた、癒し系の絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Alice Hemmingさんが文を、Nicola Slaterさんがイラストを手掛けた絵本、『The Leaf Thief』です。

YL 0.6~0.8程度 語数は375語  Lexile: AD500Lの本です。

 

Alice Hemming

 

本の内容のご紹介

リスさんは、心地いい秋の日を楽しんでいました

ヘーゼルナッツをたくさん食べて満腹。

住処の木の枝の隙間から零れ落ちる気持ちい日差し。

綺麗に紅葉した葉っぱ。

 

全てが完璧でした。

葉っぱを確認するまでは。

よ~く確認すると、葉っぱの数が一枚足りないではないですか!!

あっちこっちを探し回りますが、なかなか見つかりません。

 

そこで、ご近所の鳥さんに葉っぱはどこにいったか知らないかを尋ねます

鳥さんは、「葉っぱがなくなるなんてこの時期よくあることさ。昨年のこと、覚えていないの」なんて言いますが、リスさんは葉っぱがなくなってしまったことに困惑

 

翌日目覚めると、さらに葉っぱがなくなっていてパニック状態に…。

 

何とも可愛らしいリスさんを描いた、癒し系の絵本です。

もし気になれば、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、これまでたくさんの多読図書や絵本をご紹介してきました。

以下の検索ボックスにキーワードを入れれば検索できます。

erelc.hatenablog.com

 

また、右側のサイドバーの中で気になるカテゴリーがあれば、クリックしてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading!!

小学校入学前の子どもに読んであげたい、多様性と包括性を伝えてくれる絵本、『All Are Welcome』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、小学校入学前の子どもに読んであげたい、学校での多様性と包括性をテーマにした絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Alexandra Penfoldさんが文を、Suzanne Kaufmanさんがイラストを手掛けた絵本、『All Are Welcome』です。

 

YL 0.3~0.5程度 語数は233語  Lexile: AD370Lの本です。

All Are Welcome

All Are Welcome

Amazon

Alexandra Penfold

 

本の内容のご紹介

小学校の始まりです

たくさんの子どもたちが、1つの教室に集まってきました。

でも、子どもたちの服装、肌の色、髪の色は様々

眼鏡をかけている子もいれば、サングラスをかけている子もいれば、

スカーフをまいている子もいれば、車いすに乗っている子もいる。

 

みんなの出身地も様々

お弁当の中身も様々

遊び方も様々

 

多様性」や「包括性

最近の国際社会でよく耳にする言葉を、直接は用いていませんが、

人それぞれ違うから人から学べるし、自分たちの中にある才能を掘り起こす

ことができる、というメッセージが込められた絵本です。

 

アメリカの小学校などはまさに多様性の教室なのでしょう。

日本も近年は都市部を中心に国際化、多様化が進んできていますよね。

多様性の時代を生きる子どもたちに読み聞かせてあげたい絵本です。

お話の舞台設定から、特に小学校入学前の子どもにピッタリです

 

もし気になれば、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、これまでたくさんの多読図書や絵本をご紹介してきました。

以下の検索ボックスにキーワードを入れれば検索できます。

erelc.hatenablog.com

 

また、右側のサイドバーの中で気になるカテゴリーがあれば、クリックしてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading!!

お友だちに最適な誕生日プレゼントは何? 個性豊かなMr. Menシリーズの一冊、『Little Miss Birthday』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、個性的で可愛らしいキャラクターが登場するMr. Menシリーズの1冊、誕生日パーティーがとっても好きだけれど、お友だちの誕生日プレゼントに苦心するLittle Miss Birthdayを扱った本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Roger Hargreavesさんが文とイラストを手掛けた絵本、『Little Miss Birthday』です。

 

YL 1.5~2.5程度 語数は768語 

シリーズ:Little Missの絵本です。

Roger Hargreaves

絵本の内容のご紹介

Little Miss Birthdayが何よりも楽しみにしているのは、誕生日を迎えるお友だちのためにプレゼントを準備して渡してあげること。

 

プレゼント選びもとっても上手です。

いつも文句ばっかり言っているMr. Fussyには靴紐のアイロンのプレゼント、歌ったり踊ったりが好きなLittle Miss Starには拍手喝さいの音が出るラジオのプレゼントをして、とっても喜ばれました。

 

そんなLittle Miss Birthdayでしたが、もうすぐ誕生日を迎えるMr. Wrongのプレゼント選びにとっても苦労します。

 

いろいろと考えてもいい案が思いつきません。

そんな時、Mr. Muddleと話をして、ある案を思いつきました。

その案とは…?

Mr. Wrongにあげたプレゼントとは…?

 

気になれば、是非、チェックしてみてくださいね!

個性的で可愛らしいキャラクターたちが、色鮮やかに描かれたイラストも魅力的です。

 

最後に

この本の姉妹編として、以下の本をご紹介したことがありますので、合わせてご紹介させていただきます。

erelc.hatenablog.com

 

このブログでは、これまでにたくさんの絵本や多読図書をご紹介していますので、ご関心があれば、以下のリンクから気になる単語を検索してみてくださいね! 

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

愉快で実にクリエイティブーJon Klassenは天才ですね。『The Rock from the Sky』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、空から落ちてくる岩をテーマにした、愉快で、クリエイティブで、Jon Klassenさんにしか描けない絵本をご紹介させていただきます。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、数々の名作を生みだし私たちを楽しませ続けてくれるJon Klassenさんが文とイラストを手掛けた絵本、『The Rock from the Sky』です。

 

YL 0.6~1.0程度  語数は551の本です。

The Rock from the Sky

The Rock from the Sky

Amazon

Jon Klassen

本の内容のご紹介

この本は、5パート構成になっていてますが、5つのお話は互いにつながっていて、どのお話でも「空から落ちてくる岩(the rock from the sky)」が重要な役割を果たしています。

 

最初に登場するのはカメJon Klassenの作品なので、しっかり帽子もかぶっています!)。立つのに最適な場所を見つけて立っています。

そこにやってきたのがアルマジロ。でも、アルマジロは「カメが立っているこの場所は何か嫌な感じ」というのを感じ取ります。

 

そこで、アルマジロはカメの立っていたところから離れたところに移動して立ちます

お互い離れたところに立って会話をしようとしますが、声が聞こえず、カメがアルマジロが立っているところに移動します

 

すると…。

カメが今まで立っていたところに大きな岩がドン!!!

落ちてきました…。

 

これで1つのお話が終わり。

この後に、あと4つのお話が続きますので、是非、ご自身で楽しんでみてください!

 

この絵本に出てくるのは、大きな岩、カメ、アルマジロ、ヘビ、そして目の形をした奇妙な物体のみ。

これだけの登場(人)物を使って、描かれる世界観はクリエイティブそのもの。

なぜこのようなお話が思いつくのでしょうか。と考えさせられるあたり、Jon Klassenの力量に敬服せざるを得ません。

穴掘りのお話を取っても面白く描き出し、コールデコットオナー賞を受賞した『Sam and Dave Dig a Hole』の時と同様、何か、度肝を抜かれるような絵本でした

 

もし気になれば、チェックしてみてくださいね!!

 

最後に

この本には、『そらから おちてきてん』の邦題で和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

Jon Klassenさんの作品としては、以下の本をご紹介したことがあります。ご関心があれば、合わせてどうぞ!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ