タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

ブラックユーモアたっぷりの、さすがはJon Klassen!と思わせてくれる、ガイゼル・オナー賞作品『I Want My Hat Back』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、ブラック・ユーモアたっぷりの、大人も笑える絵本で、2012年のガイゼル賞(Theodor Seuss Geisel Award)のオナー賞に輝いた作品をご紹介させていただきます。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、Jon Klassenさんが文とイラストを手掛けた絵本、I Want My Hat Backをご紹介させていただきます。

 

YL 0.6~0.8程度  語数は254語   Lexile: 230Lの本です。

I Want My Hat Back

I Want My Hat Back

Amazon

 

本の内容のご紹介

表紙に描かれた、目の座ったくまさん(笑)がこの本の主人公です。

 

くまさんが、帽子をなくしてしまいます。

大切な赤くてとがった帽子です。

 

"Have you seen my hat?"と、動物たちに聞いて回ります。

尋ねられたキツネも、カエルも、そんな帽子は見ていませんので、"No"とシンプルに答えます。

 

ところが、一匹、様子のおかしいウサギさんがいましたが…。

 

とぼけたくまさんと動物たちの目が最高です。

でも、最後のオチは結構ブラックです…。

 

言葉であまり語らず、察しさせるストーリーが秀逸です。

読み終わった後で、くまさんの目を見ると、じわじわきます。

どうぞ、ご自分でそのオチを楽しんでください!

 

最後に

この本には、『どこいったん』の邦題で、和訳版も出版されていますので、合わせてご紹介いたします!

関西弁がぴったり合う雰囲気の本です!

 

「ガイゼル賞って何?」とご関心のある方は、是非、以下の記事もチェックしてみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ