タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

ハエを主人公にした楽しいシリーズの1冊、ガイゼル・オナー賞受賞作品『I Spy Fly Guy!』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、ハエを主人公にした楽しいシリーズの1冊で、2010年のガイゼル賞(Theodor Seuss Geisel Award)のオナー賞に輝いた作品をご紹介させていただきます。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、Tedd Arnoldさんが文とイラストを手掛けた絵本、I Spy Fly Guy!です。Fly Guyという名前のハエを主人公にした、シリーズ化されている絵本の1冊です。

 

YL 0.5程度  語数は286語   Lexile: 310Lの本です。

 

本の内容のご紹介

Fly Guyというハエと、Fly Guyをペットとして飼っている少年Buzzを主人公にした愉快なシリーズの1冊です。

 

ある日、BuzzとFly Guyはかくれんぼをして遊ぶことにしました。

Fly Guyが好きな隠れ場所は、やっぱ生ごみの入ったゴミ箱です。

 

ところが、Fly Guyがゴミ箱に隠れてBuzzが目隠しをしている時に、そのゴミ箱がゴミ収集車に回収されてしまいました…。

 

Buzzは急いで収集車の後を追いかけて、ゴミ捨て場に到着しました。

ところが、そこにはハエがたくさん…。

 

Buzzが見事にFly Guyを"I Spy"(見っけ!)をきるのでしょうか?

気になれば、是非、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

「ガイゼル賞って何?」とご関心のある方は、是非、以下の記事もチェックしてみてくださいね!

これまで紹介したガイゼル賞作品も多くまとめられています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ