タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

木の魅力をたっぷり描いた、素朴で古典的なコールデコット賞作品『A Tree Is Nice』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、木の魅力をたっぷり描いた、素朴な古典的絵本をご紹介したいと思います。1957年にコールデコット賞(その年にアメリカで出版された絵本の最優秀賞)に輝いた作品です。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、Janice May Udryさんが文を、Marc Simontさんがイラストを手掛けた絵本、A Tree Is Nice』です。1957年にコールデコット賞を受賞した名作です。表紙に、金メダルが輝いていますね。

 

YL 0.8~1.2程度  語数は358語   Lexile: 420Lの本です。

 

本の内容のご紹介

「木はいいなあ」―この絵本から伝わるシンプルなメッセージです。

 

至るところで見かける木。

集まれば美しい森を作り、たった一本の木だって、そよ風に葉っぱを鳴らして夏は爽やかな気分にさせてくれます。

秋には落ち葉で遊ぶことだって、たき火をたくことだってできます。

 

それに、木に登って遊ぶことだって、木陰で身体を休めることだってできます。

木にブランコをつけて遊ぶこともできます。

 

木の下では、動物たちに日陰を差し出して休ませたり、ゆっくりのんびりピクニックだってできます。

 

そんな木の魅力をたっぷり描き、ゆったりと流れるメッセージのテンポや挿絵の雰囲気から、本当に「木はいいなあ」という気持ちにさせてくれる本です。

 

この本は、縦長の形の絵本で、そこからも「木らしさ」が感じられます。

もし気になれば、この古典的名作を是非、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

この本には、『木はいいなあ』の邦題の和訳本も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

また、このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ