タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

窓辺に並んだ、おもちゃの素敵な世界を描いたコールデコットオナー賞『Waiting』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、窓辺に並んだ、おもちゃの素敵な世界を描いた作品をご紹介したいと思います。2016年にコールデコットオナー賞と、セオドア・スース・ガイゼル(ドクター・スース)賞のオナー賞をダブル受賞した名作です。

 

 

本について

今回ご紹介するのは、アメリカのイラストレーター、児童文学作家のKevin Henkesさんが文とイラストを手掛けた絵本、『Waiting』です。2016年にコールデコットオナー賞(その年の絵本の優秀賞)と、ドクター・スース賞のオナーをダブル受賞した絵本です。

 

YL 0.5~0.7程度、語数は270語   Lexile: 440Lの本です。

Waiting

Waiting

Amazon

 

本の内容のご紹介

この本の主人公は、窓辺に置かれた5個のおもちゃ。


月が出てくるのを待っているフクロウさん。

雨が降るのを待っているぶたさん。

風が吹くのを待っているくまさん。

雪が降るのを待っている子犬さん。

そして、特に何かを待っているのではなく、ただ窓から外を眺めるのが好きなうさぎさん。

 

5人はそれぞれの思いを抱えて、待っています。

窓から外を眺めながら。

時に、おもちゃの誰かが遊び道具として持っていかれても、みんなでその帰りを待っています。

時に、遠い地からのおもちゃが仲間に加わることも。

そして、季節の移り変わりを、窓辺という特等席から眺めるのも素敵なことです。

 

そんなある日、パッチのついた猫のおもちゃが加わりますが…。

もし気になれば、この後のほのぼのしたお話は、是非、ご自身の目で確かめてみてくださいね!

 

窓辺にある、おもちゃの素敵な世界が、温かい色遣いとイラストとマッチしています。

温かく、ほのぼのと、のんびりした気持ちになれる絵本です。

 

最後に

この本には、『まどべに ならんだ 五つの おもちゃ 』の邦題で和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ