タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

アメリカの「最強の男」伝説のJohn Henryを描いたコールデコットオナー賞『John Henry』のご紹介♪

こんにちは♪

お立ち寄りいただき、ありがとうございます♪

 

今回は、アメリカの庶民の英雄として、また「最強の男」としての伝説を持つ、一人の男を描いた絵本を紹介させていただきたいと思います。

 

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Julius Lesterさんが文を担当し、Jerry Pinkneyさんがイラストを手掛けた絵本『John Henry』です。

Julius LesterさんもJerry Pinkneyさんも多くの受賞経験をお持ちの方で、絵本界の重鎮のお二人がタッグを組んで出来上がった本で、1995年のコールデコットオナー賞を受賞した作品です。

YL 2.5~3.5程度で語数は2,115語の本です。

John Henry

John Henry

 

 

本の内容のご紹介

いわゆる、"tall tale"(ほら話、面白く誇張されたお話)として語り継がれているJohn Henry

このお話を、アメリカの児童作家であり、大学でも教鞭をとられていた、Julius Lesterさんと、数度のコールデコット賞(オナー賞を含む)を受賞した著名なイラストレーターのJerry Pinkneyさんが作り出した絵本です。

 

生まれてからというものの、あっという間に大きく成長し、屋根を突き破ってしまう背丈になり、その笑い声の豪快さと言ったら、お日様も怖がって月の後ろに隠れてしまうほど。

翌朝には、太陽がまだ寝ている前に起き出し、太陽に向かって早く起きるように叫び、自分が突き破った屋根の修理をしたJohn Henry

 

その翌日には町一番のワル、Ferret-Faced Freddyに対して、競走する賭けを申し出ました。その競走でFreddyが勝てば、Freddyの仕事を1年間何でもするけれど、John Henryが勝てば、1年間悪いことはするな、という賭けです。ただ、この競争では、Freddyは馬に乗った状態で走り、John Henryは自分の足で走るというものでした。

多くの人が見守る中で始まったこの競争、結果は、もちろん、John Henryの圧勝。

 

まだまだ伝説は続きます。おじいちゃんが使っていたという2本の大きなハンマーを持って家を出ることにしたJohn Henry

しばらくすると、道路建設をしていた作業員が、大きな岩に阻まれて作業が滞っていました。ダイナマイトを使っても、びくともしないこの巨岩に対して、John Henryは、持っていたハンマーを振りかざすと・・・

この後、起こったこととは・・・?

 

次々と伝説を作っていくJohn Henryの偉業が、生き生きと、そしてユーモラスに語られていきます

 

もし気になれば、このコールデコットオナー賞作品を、ぜひぜひ、チェックしてみてくださいね♪

 

最後に

このブログでは、多読や読書で楽しめる英語の本を、他にも紹介しています。もしご関心がありましたら、合わせてチェックしてみてくださいね♪

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回は、伝説の男を描いたコールデコットオナー賞作品『John Henry』のご紹介でした。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ