タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

ジャズ作曲家Duke Ellingtonを描いた、ジャジーなコールデコットオナー賞受賞作品『Duke Ellington』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回ご紹介させていただくのは、著名なジャズ作曲家であり、ジャズオーケストラのリーダーとして20世紀に活躍したDuke Ellingtonさんを描いた、とってもジャジーな絵本です。1999年のコールデコットオナー賞と、1999年のコレッタ・スコット・キング賞のオナー賞(イラストレーター部門)に輝いた作品です。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Andrea David Pinkneyさんが文を、その旦那さんであるBrian Pinkneyさんがイラストを手掛けた絵本『Duke Ellington』です。1999年のコールデコットオナー賞とともに、コレッタ・スコット・キング賞のオナー賞(イラストレーター部門)も受賞した絵本です。

 

YL 3.0~3.5程度 語数は1,510語   Lexile: AD800Lの絵本です。

Duke Ellington

Duke Ellington

Amazon

 

絵本の内容のご紹介

本名はEdward Kennedy Ellingtonなのですが、自らを"Duke"と名乗り、習い事であったピアノよりも野球に明け暮れていたDuke少年。

 

青年に成長したDukeは、ある夏の夜、ラグタイムを奏でるピアノを聴き、ピアノの世界にどっぷりと浸かるようになります。そして、そのピアノの腕はたちまち磨かれていきました

 

Dukeがキャバレーなどで奏でるピアノの音色に、多くの女性たちは虜になり、その評判は町の中に広がっていきます。そして間もなくバンドを結成し、ワシントンを中心に活動を始めます。

 

そして、活動の場はニューヨークに移り、ハーレムにあるThe Cotton ClubがDukeのバンドの演奏の場になっていきます…。

 

20世紀を彩るジャズ作曲家を、ジャジーな英語と、情熱的で肉感的なイラストで描く、読む人を惹きつける絵本です。

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞を受賞した絵本を紹介させていただきました。もしご関心があれば、合わせてチェックしてみてくださいね。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

この本以外でも、ノンフィクションの絵本をご紹介したことがあります。

ノンフィクションがお好きであれば、ぜひ、以下の記事もご参照くださると嬉しいです!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ