タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

素敵な宝物はどこに? Uri Shulevitzさんが描くコールデコットオナー賞作品『The Treasure』のご紹介

こんにちは♪

 

今回は、『Snow』など、多くの名作絵本を発表された、Uri Shulevitzさんによる1980年のコールデコットオナー賞受賞作品を紹介したいと思います。

 

 

 

本について

Uri Shulevitzさんは、ポーランドで1935年に生まれ、戦火を免れるため、フランスやイスラエルでの生活を経て、後にアメリカに移り住んだ、世界的にも著名な作家であり、イラストレーターです。

今回ご紹介するのは、1980年のコールデコットオナー賞The Treasure』です。

 

YL 0.8~1.2程度  語数は371語   Lexile: 620Lの本です。

 

本の内容のご紹介

昔、ある町に、Issacという名前の男が住んでいました。Isaccの生活は貧しいもので、毎晩、おなかをすかせながらベッドで眠る日々を送っていました。

 

そんなある夜のこと。Issacは夢の中で不思議なお告げを耳にします。何でも、「首都に行き、王宮の橋の下を探せば、宝物が見つかる」というお告げでした。

最初は、単なる夢に過ぎないと気に留めていなかったIssacでしたが、不思議と何度も同じ夢を見たのでした。そこで、意を決して、遠く離れた首都にある王宮に向かうことにしたのです…。

 

険しい道を乗り越え、着いた先の王宮では、周りを兵士が取り囲み、橋の下を探すことができません…。ここまで来たからにはと思い、Issacは何とか橋に近づこうとします。とその時、衛兵隊長が、Issacに話しかけてきました…

Issacが事情を話すと、衛兵隊長はあることをIssacに伝えます。果たして、兵隊長が伝えたこととは…?  そして、Issacは宝物を見つけることができたのでしょうか…?

 

遠回りすること、信じること、身近なものの大切さなど、さまざまなメッセージが読み取れる絵本です。また、様々な文化を経験されてきたUri Shulevitzさんのイラストは、どこかエキゾチックな味わいがあって素敵ですね。

もし気になれば、ぜひぜひ、本をチェックしてみてくださいね♪

 

最後に

この作品は、日本語版として『たからもの』のタイトルで刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます!

 

このブログでは、多読や読書で楽しめる英語の本を紹介していますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回は、1980年のコールデコットオナー賞The Treasure』のご紹介でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ