タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

Uri Shulevitzさんの自伝的な絵本で2009年のコールデコット賞作品、『How I Learned Geography』のご紹介

こんにちは♪

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、この作品で3回目のコールデコットオナー賞の受賞作となった偉大な絵本作家、Uri Shulevitzさんの自伝的な絵本をご紹介させていただきます。2009年にコールデコットオナー賞を受賞した絵本です。

 

 

 

本の情報

Uri Shulevitzさんは、ポーランドで1935年に生まれ、戦火を免れるため、フランスやイスラエルでの生活を経て、後にアメリカに移り住んだ、世界的にも著名な作家であり、イラストレーターです。

今回ご紹介するのは、2009年のコールデコットオナー賞How I Learned Geography』です。

 

YL 1.6~2.0程度  語数 829語   Lexile: AD660Lの絵本です。

How I Learned Geography

How I Learned Geography

Amazon

 

本の内容のご紹介

戦争を逃れるため、生まれ故郷を離れ、家族で遠く東の地まで来たぼく。

おもちゃも本もなく、その日の食料にありつくのがやっとでした。

 

ある日、お父さんはパンを買うためにバザーに出かけました。

夜遅くになってようやく帰ってきたお父さんが手にしていたのは、パンではなく、一枚の大きな地図。

なけなしのお金で買う少量のパンよりも、地図を選んだとのことでしたが、ぼくはこの決断を許すことができませんでした。

 

その翌日、お父さんは大きな地図を壁一面に貼り付けます。

色と活気のない部屋に、地図の色がまぶしく映えました。

 

以来、ぼくはこの地図に魅せられることになります。

地図を描き、たくさん空想し、世界のさまざまな場所へ行くことに思いを馳せます…。

 

その後の偉大なイラストレーターとなった著者の幼少時代の自伝的絵本です。

この本の最後には、著者が10歳の時に実際に描いた地図なども付されています。

 

気になれば、是非、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

この本には、『おとうさんのちず』のタイトルで和訳版も出版されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

この本の著者のUri Shulevitzさんは、この本以外でもコールデコット賞を受賞しています。他の本の紹介も以下の記事にありますので、よろしければ合わせてチェックしてみてくださいね!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

また、この絵本は、コールデコット賞を受賞した絵本ですが、その他にも、コールデコット賞作品の紹介をしたまとめ記事が以下ですので、よろしければ合わせて覗いていただけると嬉しいです。

他のコールデコット賞作品の何作品かも合わせてリンクを貼っておきます。

erelc.hatenablog.com

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ