タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

静寂の夜を短い言葉で美しく表現した、寝かしつけの時にも好適なコールデコット賞作品『The House in the Night』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、静寂の夜を短い言葉で美しく表現した、寝かしつけの時にも好適な絵本をご紹介したいと思います。2009年のコールデコット賞に輝いた作品です。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、Susan Marie Swansonさんが文を、Beth Krommesさんがイラストを手掛けた絵本、The House in the Night』です。2009年にコールデコット賞に輝いた名作です。表紙に金メダルが輝いていますね。

 

YL 0.5~0.6程度  語数は104語   Lexile: 180Lの本です。

The House in the Night

The House in the Night

Amazon

 

本の内容のご紹介

家族で散歩に出かけ、陽が沈む頃、父親は幼い娘に鍵を渡します。

 

辺りが暗くなり始める頃、家の中からオレンジ色の光が温かくこぼれています。

 

女の子は鍵を使って家に入り、温かい光が灯る部屋に入ります。

ベッドの上には本が待っていて、本の中で鳥が飛び立ちます。

女の子を背中に乗せて…。

そして、鳥は窓から、帳が落ちた夜空へと向かいます…。

 

夜の静寂が白と黒を基調としたイラストから表現され、そこに、光や花や星や月がオレンジ色で描かれることで、温かさと、アクセントを加えています。

版画のような味わいのあるイラストが素晴らしいです。

 

絵本の中で使われる言葉は、詩的で、静かで、美しく、静寂の夜を一緒に味わえるような素敵な絵本です。

もし気になれば、是非、ご自身の目でチェックしてみてくださいね!

 

最後に

この作品は、『よるのいえ』の邦題で、谷川俊太郎さんによる和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ