タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

ビッグフット界のシンデレラ 『シンデレラ』のパロディー絵本のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、日本でも広く読まれ、ディズニーでも取り上げられている、『シンデレラ』のパロディー絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Tony Johnstonさんが文を、James Warholaさんがイラストを手掛けた絵本、『Bigfoot Cinderrrrrella』です。

 

YL 3.1~4.0程度 語数は1,134語   Lexile: 660Lの絵本です。

 

絵本の内容のご紹介

昔々、森の奥深くにビッグフットの群れが暮らしていました。


その中で、ひと際目を引いていたのが、ビッグフットの王子様。

女性たちの結婚したいという熱い視線を一心に受けていました。

 

森の一角に、一人の女性と2人の娘、1人の継子が暮らす家族がいました。

女性と2人の娘はわがままで、優しさのない性格であり、継子がすべての

家事を一人で行っていました…。

 

Ellaという名前の継子でしたが、命令を受けるたびに叫ばれ続けて

いたため、Rrrrrellaという名前で呼ばれていました。

 

そんなある日、ビッグフットの王子様がお祭りを主催することになり、

2人の娘は張り切って出かけてゆきました。

 

一方、Rrrrrellaはそのお祭りに行くことができず、悲しみ暮れていました。

その時、陰から熊がやってきて…。

この後、起こった出来事とは…?

 

おなじみのストーリーを、ビッグフットを主人公にして、パロディーにした絵本です。

元々のお話を知っているので読めますが、使われている語彙自体は、coniferous, horrendously, primping, slouchなど、難易度が高いです。

気になれば、是非、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、これまでにパロディーの絵本を紹介しています。もしご関心がありましたら、ぜひどうぞ。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ