タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

「絵本の魔術師」の力量を感じる、ただただ秀逸なコールデコットオナー賞作品『The Garden of Abdul Gasazi』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、数多くの名作を作り出し、「絵本の魔術師」と称されるChris Van Allsburgさんによる秀逸な絵本をご紹介したいと思います。1980年にコールデコットオナー賞に輝いた作品です。

 

 

 

本について

アメリカのミシガン州のご出身のChris Van Allsburgさん。しばしば、「絵本の魔術師」とも称されるAllsburgさんの人気は、『Jumanji』や、『The Polar Express』といった作品を挙げれば、十分に伝わるかと思います。翻訳版である、『ジュマンジ』や、『急行「北極号」』の方で、Chris Van Allsburgさんの作品に親しまれた方も多いのではないでしょうか。あるいは、村上春樹さんのファンの方ならば、村上春樹さんがChris Van Allsburgさんの作品を多く翻訳したということでご存知かもしれません。

 

今回ご紹介する絵本は、Allsburgさんの代表作の一つで、秀逸な作品、The Garden of Abdul Gasaziです。1980年にコールデコットオナー賞(アメリカの絵本の年間優秀賞)に輝いた作品です。表紙に銀メダルが輝いていますね。

 

YL 1.8~2.2程度  語数は1,117語   Lexile: AD580Lの本です。

 

本の内容のご紹介

Miss Hesterさんの犬のFritzは、とってもやんちゃで、いとこのEuniceに6回も噛みついたことがあるほどでした。

今回、Euniceの家に来るに当たって、Alanという少年をFritz係として頼むことにしました。

 

すぐにやんちゃを始めるFritzに対して、Alanの対応も上手。

Fritzの行動を読んで、困ったことはしないように対応します。

 

しばしの昼寝の時間の後、AlanはFritzを連れて散歩に出かけることにしました。

しばらく歩くと、

"ABSOLUTELY, POSITIVELY NO DOGS ALLOWED IN THIS GARDEN.  ABUDUL GASAZI, RETIRED MAGICIAN."

という警告を見つけます。その家に、Fritzは勢いよく庭に入って行ってしまったのです…。

 

Alanは急いでFritzの後を追いかけます。

Fritzの足跡は途中まであり、途中からは、きっと先にいるだろうと思い、走って進むと、遂に、ガザージ氏の家に辿り着いたのでした…。

 

Alanは意を決して、ガザージ氏に状況を説明すると、あるところにAlanを連れていったのでした…。そして、この後、ガザージ氏から、思いがけない言葉を掛けられるのでした…。

果たして、この犬は入ってはいけないという庭で、一体何が起こったのでしょうか…?そして、Fritzは無事なのでしょうか…? 

 

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

わずか1,000語程度のお話ですが、ドキドキと読ませるストーリーになっています

そして、このお話を包む不思議でちょっと怖い雰囲気が白黒のイラストで巧みに表現されています。ガザージ氏のイラストも秀逸そのものです。

お話、イラストともに、著者の力量をまざまざと感じさせる秀逸な作品です。

 

最後に

この作品は、『魔術師ガザージ氏の庭で』の邦題で和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

なお、このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

Chris Van Allsburgさんの作品としては、他の本も紹介した記事がありますので、よろしければ、どうぞ。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ