タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

映画化もされた、「絵本の魔術師」による上質のコールデコット賞作品『Jumanji』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、ロビン・ウイリアムズさんを主人公にした映画でも有名になった作品で、「絵本の魔術師」と称されるChris Van Allsburgさんによる上質の絵本をご紹介したいと思います。1982年にコールデコット賞に輝いた作品です。

 

 

 

本について

アメリカのミシガン州のご出身のChris Van Allsburgさん。しばしば、「絵本の魔術師」とも称されるAllsburgさんのファンは日本にもたくさんいらっしゃいますよね。

 

今回ご紹介する絵本は、Allsburgさんの代表作で、映画化されたことでも有名な絵本、Jumanjiです。1982年にコールデコット賞に輝いた名作です。

 

YL 2.5~3.0程度  語数は1,789語   Lexile: AD620Lの本です。

 

本の内容のご紹介

両親がお客さんを迎えに行くために外出したため、開放感いっぱいでお留守番をしていたJudyPeterのきょうだい。

 

ひとしきり遊んだあと、退屈になった2人は、公園で“JUMANJI”と書かれたボードゲームを見つけて家に持ち帰ります

 

一見すると、よくある一般的なボードゲーム

でも、そのゲームの注意書きには、「一度このゲームを始めたら、誰かが“JUMANJI”という黄金都市にゴールするまでは止めることができない」と書かれています…。

 

そして、Peterがサイコロを振ってしまいます。

最初に2人の前に現れたのは、ライオンだったのです…。

もう“JUMANJI”にたどり着くまではこのゲームを終えることはできません…。

 

この後のハラハラドキドキの展開は、是非、ご自身で楽しんでくださいね!。

白と黒で描かれたモノトーンのイラストが上質さを高めています。

 

最後に

この作品は、日本でも『ジュマンジ』の邦題で、和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

以下の映画作品は、日本でも人気を博しましたね。

 

なお、このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

Chris Van Allsburgさんの作品としては、他の本も紹介した記事がありますので、よろしければ、どうぞ。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ