タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

読んだ後にじわじわくる、大人も楽しめるシュールなコールデコット受賞作品、『Tuesday』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、このブログでも時々ご紹介する、コールデコット賞を3度も受賞している、絵本界のレジェンドでいらっしゃるDavid Wiesnerさんによる、大人も楽しめるシュールなコールデコット受賞作品をご紹介させていただきます。

 

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、いつもその発想力で読む人を楽しませてくれるDavid Wiesnerさんが文とイラストを手掛けた代表作、『Tuesday』です。1992年にコールデコット賞に輝いた名作です。表紙に金メダルが輝いていますね。

 

YL 0.1、語数は13語   Lexile: NPの本です。

 

本の内容のご紹介

火曜日の夜8時になりました。

 

何も変哲のないただの火曜の夜だと思いきや…。

カエルが乗っていた蓮の葉が空に浮かび、町を飛んでゆきます。

 

次々とその数を増やして、一つの方向に向かって…。

 

おそらく、「?」が浮かぶ内容ですよね。

でも、読み進めていくと、その「?」が「!!」に変わってゆく、Wiesnerさんのイマジネーション爆発の本です。

 

こういった絵本、画力がモノをいいますよね。

下手すると駄本になってしまう種類の絵本だと思います。

 

読み終わった後にじわじわくる、大人も楽しめるシュールなコールデコット賞作品です。

この本を読んで、次の火曜日を楽しみに待ちましょう!

気になれば、是非、手に取ってみてくださいね!

 

最後に

この作品は、『かようびのよる』の邦題で和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。

 

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、本書を含め、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

また、David Wiesnerさんの絵本としては、他にも紹介した記事がありますので、ご関心がありましたら、ぜひどうぞ!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ