タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

Ezra Jack Keatsさんが手がけたコールデコットオナー賞作品『Goggles!』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、受賞作品を数多く生み出した、アメリカのイラストレーター、作家のEzra Jack Keatsさんが手がけた、黒人少年のPeterを主人公にした1冊をご紹介させていただきます。1970年のコールデコットオナー賞に輝いた名作です。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、アメリカの作家、イラストレーターのEzra Jack Keatsさんが文とイラストを手がけた、黒人少年のPeterを主人公にした1冊、Goggles

です。

表紙に銀色のメダルが輝いているように、今から50年以上も前、1970年にコールデコットオナー賞に輝いた名作です。

 

YL 0.6~1.0程度 語数は328語   Lexile: AD440Lの本です。

 

絵本の内容のご紹介

この日、Peterは、お友だちのArchieと、犬のWillieと一緒に、彼らの秘密基地ともいえる隠れ家で遊んでいました。

 

そして、この日、Peterは思いがけず、いいものを見つけました。

それは、誰かが忘れたか捨てたかしたバイクの黄色いゴーグルです。

 

大人のゴーグルが思いがけず手に入って、さっそくゴーグルをかけては喜びます。

 

ところがこの後、Archieの家に向かう途中のこと。

Peterたちよりも大きな子どもが、Peterのかけているゴーグルをよこせと言ってきました…。

 

拒否するPeterでしたが、大きな子どもたちはPeterに殴り掛かったのでした…。

Peterはゴーグルを手から放してしまいましたが、その落ちたゴーグルを拾ったのは…?

 

もし気になれば、この後の展開は、ぜひご自身の目で確かめてみてくださいね!

決して裕福な地区ではない町の様子が、子どもたちの生活が、Keatsのイラストで豊かに表現されているのも素晴らしいですね。

 

最後に

この本には、『ピーターのめがね』のタイトルで和訳版も刊行されていますので、合わせてご紹介させていただきます。Keatsさんの作品は日本でも人気なので、日本語版を読んだことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

Ezra Jack Keatsさんの作品としては、1963年にコールデコット賞を受賞したThe Snowy Dayをご紹介したことがあります。ご関心があれば、合わせてどうぞ!

erelc.hatenablog.com


 

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞を受賞した絵本を紹介させていただきました。

もしご関心があれば、以下の記事に、過去のコールデコット賞作品の紹介もありますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ