タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

Graded Readersシリーズの紹介 Oxford Bookworms Library (OBW)のStarter

こんにちは♪

 

以前、以下の記事で、Graded Readers(GR)とは何かについて書かせていただきました。

多読図書の種類って何がある? 多読の中心Graded Readersのご紹介! - タドキストによる英語多読ブログ

 

そして、これまで、GRでお薦めシリーズとして、Foundations Reading Library (FRL)と、Cengage Page Turners (CPT)をご紹介しました。もしご関心があれば、ぜひ下の記事もチェックしてみてくださいね♪

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

今回ご紹介するのは、GRの代表格の一つ、世界中の英語学習者から広く読まれ、愛されている、Oxford Bookworms Library (OBW)シリーズです。GRの代表格と書いた理由は、数多くあるGRの中で歴史のあるシリーズで、古典、現代フィクション、ノンフィクション、戯曲などの分野で260を超えるタイトルがあるからです。具体的なタイトルは、出版社のOxford University Pressの以下のHPをご参照ください。

Oxford Bookworms Library | Graded Readers | Oxford University Press

 

このOBWは、そのタイトル数や歴史から、Pearson English Readers (PER), Cambridge English Readers (CER), Macmillan Readers (MMR)と並び、多読の世界では四大GRの一角を成すシリーズといわれ、多読でたくさんの英語を読むためには欠かせないシリーズです。

 

OBWシリーズには、Starterレベル(250語レベル、CEFRのPre-A1~A1レベル)からStage 6(2,500語レベル、CEFRのC1レベル)までの7段階あります。OBWシリーズはすべて黒色の落ち着いた、大人っぽい装丁になっていますが、それぞれのStageで色分けされていて、表紙や背表紙を見て、一目でそれがどのStageの本かわかるようになっています

 

具体的には、Starterはピンク、Stage 1は黄色、Stage 2はオレンジ、Stage 3は、Stage 4は、Stage 5は水色、Stage 6はが使われています。

 

OBWは大きなシリーズなので、今回は、この中で、多読の初期段階でおそらく多くの方が手にするStarterレベル(OBWのStarterレベルなので、OBW0と略されます)に焦点を当てて、その特長をいくつかご紹介したいと思います。

 

まず、OBW0YLは0.8~1.2程度で、英文量は1冊の平均が1,375語です。

OBW0のお話の内容としては、オリジナルの書下ろし作品が中心ですが、一部、Robin Hoodといったの民話や、A Connecticut Yankee at King Arthur's Courtといった小説の簡略版もあります。

 

そして、英文の構成や形式として、通常の英文描写スタイルにだけでなく、漫画スタイルと、ロールプレイ・スタイルがあることが特徴です。以下に、この4つのスタイル別に、具体的な実例を何冊かご紹介します。

 

 OBW0  The Mystery of Manor Hall   YL 0.9   1,390語

 オリジナル書下ろし  通常の描写文スタイル

つまり、本の要素を文とイラストに分けた場合、主が文字で従がイラストになる、オーソドックスなスタイルで、OBW0の多くがこのスタイルをとります。この本の他に、同じスタイルをとるOBW0としては、The Big Gameや、The Girl with Red Hairや、Red Roses や、The Fifteenth Characterや、The Girl with Green Eyesや、Girl On A Motorcycle や、Orcaや、Girl On A Motorcycleや、Police TVなど、多くあります。

スリラー、ロマンス、青春ものなど、お話のジャンルは様々ありますので、きっと好きなお話を見つけることができると思います♪

 

OBW0  King Arthur   YL 0.8   1,140語

 民話  漫画スタイル

King Arthur (Oxford Bookworms Starter)

King Arthur (Oxford Bookworms Starter)

  • 発売日: 2007/12/06
  • メディア: ペーパーバック
 

お馴染みアーサー王のお話を、漫画スタイルでえがいた本です。つまり、主がイラストで従が文字になるスタイルです。もちろん、セリフや地の文は250語レベルの非常にやさしい英語で書かれています。

この漫画スタイルのOBW0には、他には、Give Us the Moneyや、Pirate Treasure

 や、Vampire Killerや、Robin Hoodなどがあります。

 

OBW0  Survive!   YL 1.1   1,540語

 オリジナル書下ろし  ロールプレイ・スタイル

Survive! (Oxford Bookworms Library, Human Interest)

Survive! (Oxford Bookworms Library, Human Interest)

  • 作者:Brooke, Helen
  • 発売日: 2008/03/15
  • メディア: ペーパーバック
 

 このロールプレイ・スタイルがOBW0のユニークな特徴といえると思います。この本では、読者がこの本の主人公Chrisになったという想定で、極寒の雪山から無事に下山できるよう、選択肢を選びながら読むスタイルになります。そして、選択を失敗すれば、もう一度最初からやり直しになることも…。

このロールプレイ・スタイルのOBW0としては、他に、The White StonesMystery In Londonや、Oranges in the Snowがあります。

 

 OBW0   The Ransom of Red Chief     YL 0.8    890語

 小説の簡略版  漫画スタイル

The Ransom of Red Chief: Starter 250 Headwords (Oxford Bookworms Library Classics)

The Ransom of Red Chief: Starter 250 Headwords (Oxford Bookworms Library Classics)

  • 発売日: 2007/11/29
  • メディア: ペーパーバック
 

 O. Henryによる作品で、『赤い酋長の身代金』の邦題でも知られるこの作品を、簡略した本です。この小説の簡略版タイプは、OBWのStage 1以降にもっと増えます。他には、A Connecticut Yankee at King Arthur's Courtは、Mark Twainによる作品『アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキー』の簡略版です。

 

多読初期には欠かせないタドキスト必須のOBWのStarterレベル。気になったものがあれば、ぜひぜひ、読んでみてくださいね♪

公共図書館にも所蔵していることが多いですので、お近くの図書館でチェックしてみてもいいと思います! 

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬