タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

Graded Readersシリーズの紹介 Cengage Page Turners (CPT) FRLの次はこれ!

こんにちは♪

 

英語学習者用に語彙をグレードごとに制限して書かれたGraded Readers(GR)。前回の下の記事では、GRの中でも特に易しい語彙を上手に使うことで読みやすい英語で書かれている、お薦めのFoundations Reading Library(FRL)シリーズをご紹介しました。易しい英語で書かれていると、多くの分量の英語を気軽に読むことができますねこの気軽さ、平易さが、多読を実現してくれます

erelc.hatenablog.com

 

このFRLシリーズは7レベルあり、各レベルに6冊ずつあります。難易度としては、Level 1のYL 0.6からLevel 7のYL 1.3まであります。これをすべて読めば63,000語程度の分量になります。『英語多読完全ブックガイド[改訂第4版]』(古川昭夫・神田みなみ他)によれば、中学、高校の6年間の教科書の英文量が30,000語程度であるとのことなので、FRLだけでもまずまずの英文量になりますよね。

 

 

 

CPTシリーズ紹介

このFRLが気に入った方で、「FRLのLevel 7では物足りないな~」と感じる方にお薦めなのが、今回ご紹介するCengage Page Turners(CPT)シリーズ。なぜFRLの次のシリーズとしてご紹介するかというと、FRLで著者を務めた、世界的な多読研究者のノートルダム清心女子大学教授のRob Waring先生がCPTでは監修を務めているからです。きっと、FRLとCPTの間にどことなく似た雰囲気を感じると思います♪

 

それに、高校生が主人公として登場したFRLに対し、大学生や一般の大人が主人公になり、内容的にも少し大人になったCPTは、FRLからの接続もスムーズだと思います。12段階と非常に細かくグレート分けされたシリーズです。

 

CPTシリーズのレベルとYL

CPTのレベルとYLは以下のようになっています。

Level 1   200語レベル  YL 1.2

Level 2   300語レベル  YL 1.4

Level 3   400語レベル  YL 1.8

Level 4   550語レベル  YL 2.0

Level 5   700語レベル  YL 2.4~2.6

Level 6   900語レベル  YL 2.6~2.8

Level 7   1,100語レベル  YL 2.8~3.0

Level 8   1,300語レベル  YL 3.2~3.4

Level 9    1,600語レベル  YL 3.6~3.8

Level 10  1,900語レベル  YL 4.0~4.2

Level 11  2,200語レベル  YL 4.4~4.6

Level 12  2,600語レベル  YL 4.8~5.0

 

英文量が分かるように、CPTシリーズの各レベルから1冊ずつご紹介します。

Level 1 Roommates     YL 1.2  4,217語

Level 2 Hacker YL 1.4 4,009語 

Level 3 The Angeles YL 1.8    4,274語

 Level 4 Bigfoot  YL 2.0     5,404語

 Level 5 The Secret Beach YL 2.4   6,401語   

The Secret Beach (Page Turners Level 5)

The Secret Beach (Page Turners Level 5)

  • 作者:Rollason, Jane
  • 発売日: 2010/06/10
  • メディア: ペーパーバック
 

 Level 6 The Picture in the Attic    YL 2.6    9,373語

Level 7  Dead Before Midnight     YL 2.9   8,575語

Dead Before Midnight (Page Turners, Level 7)

Dead Before Midnight (Page Turners, Level 7)

 

Level 8 The Man from the Sky    YL 3.3    9.543語 

Level 9   Bad Blood   YL 3.7     15,141語

 Level 10  Samurai    YL 4.1   16,588語

Samurai: Level 10 (Page Turners)

Samurai: Level 10 (Page Turners)

 

 Level 11   Battle for Big Tree Country   YL 4.6   16,263語

Level 12   Oscar's Journery     YL 4.9   18,039語 

Oscar's Journey (Page Turners)

Oscar's Journey (Page Turners)

  • 作者:Joseph, Fiona
  • 発売日: 2012/08/08
  • メディア: ペーパーバック
 

 

このように、丁寧にレベル分けされて、徐々に英語の階段を登れるように配慮されています。すべてのCPTシリーズの本を読めば、46万語程度の分量になりますので、このシリーズが気に入れば100万語多読に一気に近づきますね♪

お話は全て書下ろしで、どれもよく練られていて、楽しめます。 

 

CPTシリーズの音声

それと、もう一つ、このCPTシリーズの魅力は、音声データをウエブ上から無料でダウンロードできること。つまり、易しく書かれた英語をたくさん聴ける、多聴用として利用できる嬉しいシリーズなのです♪ ダウンロードできるURLは、以下のものです。

http://ngl.cengage.com/pageturners

 

ちょっとわかりにくいのですが、各タイトルのStudent Companion Siteにてダウンロード可能です。とにかく、無料といわれると、嬉しくなってしまいますね!

 

例として、上でご紹介したRoomatesの音声は、以下のURLから聴くことができますので、ぜひぜひ、チェックしてみてください♪

https://ngl.cengage.com/assets/html/companion/pagetrn_pro0000000017/roommates/cd1/pt_roommates_01.mp3

 

 

いわゆるnatural speedで読まれて、英語に耳を慣らすのにちょうどいいですよね。本で書かれているのは200語レベルの易しい英語。もちろん、CNNやBBCに挑戦するのもいいですが、まずは易しくて分かりやすいCPTシリーズの英語46万語分すべてで聴けば結構力がつくと感じませんか

 

ただ、このスピードで理解していくというのは、結構難しく感じた方も多いかもしれません。もし、「難しい~」と感じた方は、まずはFRLなど、気軽に読めるシリーズから始めることをお薦めします。自分の英語力や趣向に応じて、自分の好きなように読んでいくのが多読の魅力ですからね♪ 

 

英語多読研究でよく引用されるStephen Krashen博士によれば、「理解可能なインプット(comprehensible input)をできるだけ多く浴びることが重要とのことです。逆説的にいえば、理解不可能だと、インプット効果が落ちてしまうというわけです。

 

今回は、CPTシリーズのご紹介でした。

 

このブログでは、OBWシリーズと、Atama-ii Books(ATM)シリーズについて紹介した記事もあります。

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ