タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

「BarnettとKlassenの創り出す絵本はやっぱりいい!」を感じさせてくれるコールデコットオナー賞作品『Extra Yarn』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回ご紹介させていただくのは、人気の絵本作家Mac Barnettさんと、Jon Klassenさんコラボして完成した2013年のコールデコットオナー賞に輝いた作品です。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、Mac Barnettさんが文を、Jon Klassenさんがイラストを手掛けた絵本『Extra Yarn 』です。絵本界で人気者の2人がコラボしたのだから間違いないと、感じさせてくれる絵本です。

表紙に銀色のメダルが輝いているように、2013年にコールデコットオナー賞に輝いた名作です。

 

YL 1.0~1.4程度 語数は566語   Lexile: AD550Lの絵本です。

絵本の内容のご紹介

ある雪の降る寒い日のこと。

小さな町に住むAnnabelleという女の子は、様々な色が織りなす毛糸が入った箱を見つけます。

Anabelleは、その箱を家に持ち帰り、色鮮やかな自分用のセーターを編みました。

 

編み終わってもまだ毛糸は余っていました。

そこで、愛犬のMarsのためにセーターを編んであげました。

 

AnabelleMarsお揃いのセーターを着て散歩しているところに、Lukeという男の子がそのセーターを馬鹿にしてきたのでした…。

馬鹿にしてきたLukeに対して、そして彼の犬に対しても、Anabelleは余っている毛糸でセーターを編んであげたのでした…。

 

それでもまだ毛糸は余っているので、今度は学校のお友だち先生にもセーターを編んであげます…。

さらには、まだまだある毛糸を使って、町の動物たちや、ポストにもセーター
編んであげます…。

 

しばらくすると、一向になくならないこの毛糸が世界中の注目を集め、大金と引き換えに毛糸を買おうとする者も現れますが…

この後、Anabelleは、どのような行動をとったのでしょうか…?

気になれば、ぜひご自身でチェックしてみてくださいね!

 

温かくて、素敵な絵本です。モノトーンの背景に、毛糸の鮮やかな色をいっそう引き立てながら描かれています

 

最後に

この本は、アナベルとふしぎなけいと』の邦題で和訳版も刊行されています。

合わせてご紹介させていただきます。

 

また、このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞を受賞した絵本を紹介させていただきました。

もしご関心があれば、以下の記事に、過去のコールデコット賞作品の紹介もありますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

erelc.hatenablog.com

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ