タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

ヘンゼルとグレーテルの魔女は、実は優しい? パロディー絵本、『Hansel &Gretel』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、有名なグリム童話のパロディー絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介する絵本は、Bethan Woollvinさんが文とイラストを手掛けた絵本、『Hansel and Gretel』です。

 

YL 0.5~0.7程度  語数は375語   Lexile: AD610Lの本です。

 

本の内容のご紹介

グリム童話に収録されている作品の一つで、日本でも『ヘンゼルとグレーテル』で定番の童話になっている作品に、ひねりを加えたパロディーの英語絵本です。

 

森深くにWillowという名前の魔女が、ジンジャーブレッドで作った家で暮らしていました。この魔女は、童話に描かれている魔女とは違い、とても優しい魔女でした。

 

ある日のこと。

森の中で、HanselGretelがパンくずを落としながら歩いているのを見かけ、Willowは掃除をするように言います。

 

でも、HanselGretelは、Willowのいうことを聞かず、代わりにWillowが掃除をするはめになってしまいました。

 

それどころか、HanselGretelは、Willowの家に行って、家を食べ始めていたのです…。

 

Willowはそれでも怒らず、HanselGretelを家に招待して、美味しいご馳走を振舞って
あげました。

でも、この後、Willowの堪忍袋の緒が切れてしまいます…。

果たして、その原因とは…?

 

有名な童話を、魔女の視点から書いたパロディー作品です。

イラストも魅力的ですね!

すでに原作を知っていることや、HanselとGretelの行動や、最後の魔女の行動が、大人が楽しめるようなブラックユーモアになっているので、どちらかといえば大人にお薦めの絵本です。

 

気になれば、是非、ご自身でお楽しみください!

 

最後に

Bethan Woollvinさんによる作品として、このブログでは以下をご紹介したこともあります。

erelc.hatenablog.com

 

このブログでは、この本以外にもパロディー絵本をご紹介しています。ご関心があれば、以下のリンクから合わせてどうぞ!

erelc.hatenablog.com

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ