タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

John Burninghamさんの最後の作品となった、喪失と悲しみを繊細に描いた絵本、『Air Miles』のご紹介

こんにちは。

 

今回は、イギリスで出版された絵本に授与される名誉ある賞、ケイト・グリーナウェイ賞をじめ、数々の賞 に輝いたご経歴をお持ちの児童文学作家、John Burninghamさんの最後の作品となった、喪失と悲しみを繊細に描いた絵本をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介させていただくのは、数多くの名作を世に残されて2019年に亡くなられた、日本でもファンの多い、イギリス人児童作家・イラストレーターのJohn Burninghamさんとその奥様のHelen Oxenburyさんが文とイラストを手掛けた絵本、Air Miles』です。John Burninghamさんの最後の作品です。

 

YL 0.8~1.2程度 語数は355語です。

John Burningham

 

本の内容のご紹介

犬のMiles。

少年のNormanと、その母のAliceの家で飼われていた犬です。

 

Milesも年老いて、以前のようにボールを勢いよく追いかけたりしなく

なりました。散歩に出かければ足を怪我してしまうことも増え、

NormanやAliceが呼びかけても聞こえなくなってしまうことも増えました。

 

Normanは、Milesを元気づけるために、以前、Milesのために車を作ってくれた

ご近所さんのHuddyさんに相談に行くことにしました

 

Huddyさんは、小型飛行機を製作中で、そのコックピットに入る大きさの

パイロットが見つかれば、試しに飛ばしてみることができると言います。

 

Milesは、すぐに飛行機の操縦の仕方を覚えました。

そして、空高く飛行機で駆け抜けます。

ただ、戻ってきたらMilesはぐったりしてしまい、一日中寝込んでしまいます。

 

そして、また元気になると飛行機で駆け抜けます。

地球の綺麗な景色に出会うのでした。

 

ところがある日、Milesは思い立ったように飛行機に向かい…。

 

愛する存在を失った時の喪失感と悲しみを、繊細に描いた作品です。

この本がBurninghamさんの遺作となったことと重なり、読んだ後には、心にジーンと余韻が残ります。

 

Burninghamさんの家で実際に飼っていた犬をもとにしたお話とのことです。

気になれば、是非、チェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、この本以外でもJohn Burninghamさんの絵本を紹介した記事もありますので、もしご関心があれば合わせてチェックしてみてくださいね!

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading!!

プライバシーポリシー お問い合わせ