タドキストによる英語多読ブログ

1000万語以上の多読経験をもとに、多読の魅力を発信するブログです!本には魅力がいっぱい。英語の本を通して、人生を深く、豊かなものに。

軽快でリズミカルなコールデコットオナー賞作品『Zin! Zin! Zin! A Violin!』のご紹介

こんにちは!

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 

今回は、軽快でリズミカルな絵本で、コールデコットオナー賞を受賞した作品をご紹介させていただきます。

 

 

本について

今回ご紹介するのは、Lloyd Mossさんが文を、Marjorie Pricemanさんがイラストを手掛けた絵本、『Zin! Zin! Zin! A Violin』です。1996年にコールデコットオナー賞(その年の絵本の優秀賞)を受賞した絵本です。

 

YL 0.8~1.2程度、語数は355語   Lexile: NPの本です。

Zin! Zin! Zin! A Violin (Caldecott Honor Book)

Zin! Zin! Zin! A Violin (Caldecott Honor Book)

  • 作者:Moss, Lloyd
  • Simon & Schuster Books for Young Readers
Amazon

 

本の内容のご紹介

最初の扉ページに描かれているのは、楽譜。

そして流れるような軽快な印象のフォントで書かれた文字。

この本を象徴するような出だしです。

 

トロンボーン奏者のソロ演奏から始まります。哀調を帯びた音が響きます。

そこにトランペットがジョイントします。

2つの楽器の音が合わさり、デュオの完成です。

 

次いでこの合奏に加わったのは、フレンチホルン。

これで、トリオの完成です。

 

さらに、そこにチェロが加わり、カルテットの完成です。

 

さらに、そこにバイオリンが加わります。クインテットの誕生です。

 

さらに、そこに加わったのは…?

 

楽器が次々に加わっていく様子は、まるで重層的になる音が聞こえてくるようです。

 

韻を踏んだリズミカルな英語に乗り、リズム感たっぷりの、軽快な絵本です。

気になれば、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

最後に

このブログでは、コールデコット賞とは何かに関する記事の他、過去の記事でいくつかコールデコット賞や、コールデコットオナー賞受賞作品を紹介させていただいております。もしご関心があれば、以下の記事から、本書を含め、過去のコールデコット賞作品に関する記事をすべてチェックできますので、ぜひどうぞ

erelc.hatenablog.com

 

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

erelc.hatenablog.com

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、Happy Reading♬

プライバシーポリシー お問い合わせ